歯を失うと、歯並びを適正な状態で維持するための治療を行う必要があります。
そのひとつの方法がインプラントです。
インプラントは歯を失った部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込んで結合させ、結合させた人工の歯根に人工の歯を取り付ける治療です。
顎の骨に結合することで安定感を高めることができます。
つまり、食事のときにもまるで自分の歯のように噛むことができるメリットがあります。

ただ、インプラント治療は治療期間が長くなるほか、人工の歯根を埋め込むために外科治療を受ける必要があるなど、本人にとって心理的な負担が大きくなります。
治療費などの経済的負担も大きくなることから簡単に決断することが難しい治療であると言えます。
しかし、実際の治療では、これらの不安に十分な配慮がなされています。

人工の歯根を埋入ときにはいきなり治療をするのではなく、患者の骨格を把握することから始まります。
精密機器を使用して骨格を検査することで埋入する角度や位置を決めます。
そこから実際の埋め込みの治療となります。
人工の歯根はチタンでできています。
チタンは金属でありながら骨との親和性が高く、金属アレルギーのリスクが極めて低いことが特徴です。

人工の歯根を埋め込む治療は一日で終わります。
顎の骨と結合させるため、しばらくの間はそのままにしておきます。
その際に衛生面に気をつける必要があります。
顎の骨と人工の歯根が結合できたら、人工歯を取り付けます。
人工歯と人工の歯根を連結するために必要なアバットメントを取り付けます。
アバットメントにはさまざまな長さや角度のものがあり、患者に最適なものが選択されます。
人工歯をアバットメントに取り付ければ取り付けに関する治療は終わります。

人工歯については周囲の歯に合わせて製作することができるので審美性に優れていることが特徴です。
また、顎の骨に固定されているので異物感などを感じることなく、自然な感じで生活をすることができます。
安定度が高いので固い食べ物でもしっかりと噛むことができる他、食べている最中に外れる心配もないので、食事を楽しむことができる快適性に優れています。

保険適用とはならない治療方法なので費用は高めとなります。
しかしながら、食事を快適に楽しみたいということを考えたときに、十分な価値のある治療であると言えます。
費用の支払い方法も分割払いやクレジットカードに対応している病院もあり、選択肢が広がっています。

この記事を読んでインプラント治療に興味を持たれた方は一度実際に歯科医院へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
埼玉県さいたま市でインプラント治療を行っている歯科医院では気軽に相談することができます。
東京や神奈川からもさほど遠くないので行ってみる価値はあると思います。