日本は皆保険制度の充実した国で、このことは世界的にも有名です。
歯科医院でも、健康保険証を提示すれば低負担で基本的な治療が受けられるという大きなメリットがあります。

しかし、健康保険が適用される歯科治療は限定的です。
これは、健康保険の制度では歯科治療の目的を健康と機能の回復としていることによります。
この基準によって、噛む機能や噛み合わせを回復するだけではなく見た目もきれいな治療、他の歯と比較しても色合いなどで違和感を感じず快適な治療を希望する場合は健康保険の適用外となります。
費用は全額患者さんの負担となるので一般的に高額です。

例えば、噛む力が強くかかる奥歯に大きな詰め物や被せ物をする治療で、健康保険適用の治療では多くのケースで金属素材が使われます。
金属を使った治療では、噛み合わせや噛む機能を取り戻すことはできますが天然の歯と比べた時に口の中で目立ってしまうのがひとつのデメリットです。

また金属治療の箇所があると、唾液の水分やペーハーの影響を受け金属成分がイオン化して溶け出す可能性があります。
溶け出したイオン化金属は、メタルタトゥーといって歯茎や歯の黒ずみの原因です。
金属イオンは、体内で金属アレルギーの原因になることもあります。

以前は、歯科治療といえば保険治療が主流でしたが、今は見た目のきれいな保険外治療が受けられる歯科医院も急増中です。
こうしたことからも、今では自費治療を選択して見た目も重視した治療を受ける方が多くなっています。

見た目のきれいな治療で使われる素材のひとつがセラミックです。
セラミックは陶器やガラスの素材としても使われるもので、金属を含まないため光をよく通し、天然の歯に近い自然な透明感があります。

セラミック治療にもいろいろなタイプがあり、ジルコニアはそのひとつです。
ジルコニアは人工のダイヤモンドで、透明感に加えてセラミック治療全体の中で頑丈さでは群を抜いています。
大変頑丈な素材なので、治療の適用範囲が広いのもジルコニアの特徴です。
インレーの詰め物にもクラウンの被せ物にも使われ、噛む力が強くかかることの多い奥歯の大臼歯の治療にも適しています。
もちろん金属成分フリーなので、金属アレルギーのある方も安心ですし歯や歯茎の黒ずみの心配もない素材です。

ジルコニアは、チタン製の人工歯根に被せるインプラント治療の被せ物にも適しています。
生体に親和性が高くアレルギーリスクもきわめて低いチタンの人工歯根ともよくなじみ、耐久性に優れたインプラント治療が可能です。