美しく白い歯は誰にでも魅力的に映るものです。
しかし、コーヒーやワイン、カレーなどの長年の食生活や喫煙などの影響で、歯が汚れて黄ばんでしまうことがあります。
歯ブラシを使って丁寧にブラッシングしても、なかなか黄ばみを落とすことができない場合は、歯科クリニックにいって、歯医者さんや歯科衛生士さんに専用の器具でクリーニングをしてもらうと、ある程度元の白さに戻すことができます。
しかし元々の歯の色が黄味がかっている場合には、いくらクリーニングをしても、本来の歯の白さ以上に歯を白くすることはできません。
ですので、歯そのものを白くしたい場合には、ホワイトニング治療を受けたほうがいいでしょう。

一般的に歯のクリーニングとは、歯の表面にこびりついてしまった歯垢(プラーク)や歯石をとり除く施術のことをいいます。
歯垢(プラーク)や歯石は放っておくと、歯の組織を溶かしてしまう歯周病という病気につながることがあるので注意が必要です。
歯周病が重度になると歯槽膿漏となって、最終的には歯が抜けてしまうおそれがあるので、歯垢(プラーク)をためないように日頃のケアをしっかりすること、歯石は定期的に除去することが歯医者さんから推奨されています。
歯のクリーニングは、基本的に保険の範囲内で治療を受けることができます。

それに対してホワイトニングは、本来の歯の白さ以上に歯を白くすることのできる施術で、保険の適用外となり自費治療となっています。
ホワイトニングは歯を漂白する作用のある、過酸化水素という成分の入ったジェル状のホワイトニング剤を、歯の表面に丁寧に塗布していき専用のライトを照射することで白くします。
ホワイトニングは、クリニックでおこなうオフィスホワイトニングと自宅で自分でおこなうホームホワイトニング、また、その二つを併用したデュアルホワイトニングという種類があります。
ホワイトニングの施術後しばらくは、喫煙や着色しやすいコーヒーやワインなどの飲み物、食べ物は控えるようにしましょう。

ほかにも口腔内を綺麗にするメニューとして、ガムリーピングという、黒ずんでしまった歯茎をピンク色に戻す治療などもあります。
治療の方法は、レーザー除去法、外科的除去法、薬剤除去法などです。
基本的に一度の施術で効果がありますが、濃く沈着してしまっている場合には数回の施術が必要なことがあります。
治療費用は上下合わせて5000円前後が平均となっています。