美しい口元は、その人の印象を左右する大切な条件のひとつです。
そのため、きれいに整った歯並びは、就職の面接や婚活を有利に運んでくれる重要な要素とも言えます。
歯並びにコンプレックスを持っている人はたくさんいて、実は矯正歯科の治療を希望する人も多いのです。
しかし、歯列矯正中の外見や、歯のお手入れの煩わしさなどを考えると、なかなか踏み切ることが出来ないという人が少なくありません。

そんな人たちにおすすめしたいのがインビザラインでおこなう歯列矯正です。
一般的な歯列矯正では金属製のブラケットやワイヤーなどを用いるため、矯正器具が目立ってしまいますが、インビザラインでは透明なマウスピースを使用して歯列を正しい位置に動かします。
メタリックな矯正器具を使う方法とは違い、目立ちにくいのが大きな特徴です。
インビザラインは、周りの人目を気にすること無く、無理なく歯列矯正をおこなうことが出来ます。

また、インビザラインと一般的な歯列矯正とのもう一つの大きな違いは、インビザラインでは、口腔内のお手入れが簡単だという点です。
使用する矯正器具はマウスピースなので、食事中やはみがきの間は取り外しが可能。
歯列矯正中にも関わらず、治療前と同じように食事を楽しんだり、デンタルフロスなどのツールも使って、隅々まで丁寧にはみがきをすることが出来るわけです。
歯に矯正器具を固定しておこなう一般的な歯列矯正では、歯のお手入れが難しくなってしまうことがあり、虫歯などのトラブルリスクも高くなるというデメリットがありましたが、取り外しが可能なインビザラインでは、この心配がありません。

取り外しが出来る透明なマウスピースを使っておこなう矯正には、インビザラインの他にもクリアアライナーがありますが、このふたつには違いがあります。
インビザラインもクリアアライナーも、矯正歯科で患者さんの正確な歯型を取り、それを元にマウスピースを作成する点では同じです。
インビザラインでは最初に一度だけ歯型を取り、そのデータから患者さん一人ひとりのために3D治療計画を作成し、治療に必要なすべてのマウスピースを作ります。

一方クリアアライナーでは、新しいマウスピースを作成するたびに、毎回、新しい歯型を取るのです。
インビザラインでは一回だけで済みますが、クリアアライナーでは、何回も取らなければなりません。
ですから、歯医者さんで歯型を取るのが苦手をいう方にとっては、インビザラインのほうが適している歯列矯正の治療だと言えます。